日々の栞

本や映画について気ままに書く。理系の元書店員。村上春樹や純文学の考察や感想を書いていく

村上春樹をオーディオブックで聞こう!Audible(オーディブル)で配信予定の村上作品を紹介!

Amazonの「耳で聴く」読書、Audible(オーディブル)が、2022年1月から聴き放題に移行したのに伴い、村上春樹の作品が10作品オーディオブック化されるが決定した。

村上春樹作品は海外ではオーディオブック化されていたが、日本でオーディオブック化されるのはこれが初めてだ。

今後制作予定の10作品は、『1Q84』、『ねじまき鳥クロニクル』、『騎士団長殺し』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『海辺のカフカ』、『螢・納屋を焼く・その他の短編』、『東京奇譚集』、『神の子どもたちはみな踊る』、『職業としての小説家』、『辺境・近境』の予定だ。

今回第一弾として7つの作品が配信される。『ねじまき鳥クロニクル』を藤木直人、『騎士団長殺し』を高橋一生、『海辺のカフカ』を木村佳乃、『神の子どもたちはみな踊る』を仲野太賀、『職業としての小説家』を小澤征悦、『東京奇譚集』をイッセー尾形のナレーターで配信予定だ。

この記事では、Audibleで配信予定の村上春樹のタイトル、ナレーターを紹介する。

 

 

Audible(オーディブル)って何?

Audible (オーディブル)とは、「本を聴く」という新しい読書体験だ。スマホのアプリを使えば、いつでもどこでも耳で読書ができる。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができ、オフライン再生も可能だ

本は、プロのナレーターや俳優、女優によって読み上げられていて、通勤時間や家事の合間、お休み前など、日常のあらゆる時間に読書を取り入れることができる。

Audible (オーディブル)はAmazonから提供されているサービスだ。Amazonが提供しているサービスとあってか、ラインナップは約40万タイトル程度ある。ジャンルは、小説にビジネス書、自己啓発書、ライトノベル、英会話、洋書と幅広い。

Audibleでは単品購入することもできるが、どちらかというと聴き放題プランの方がおすすめだ。Audibleの聴き放題プランだが、月額1,500円(税込)のサブスクで12万以上の作品が聴き放題になる。

 

 

村上春樹からのコメント

作品のオーディオブック化について、村上春樹はこうコメントしている。

 

僕は車を運転しながら、よく小説の朗読を聴いています。僕の場合、どちらかといえば古典作品を「聴く」ことが多いんだけど、自分の小説がほとんど同時代的に「耳で読まれる」というのは、嬉しいようでもあり、また少しばかり気恥ずかしいようでもあります。でもこれからはおそらく、多様な形式をとって小説は読まれていくのだろうし、作家の側も多かれ少なかれ、そういう新しい環境を念頭に置いて作品を書いていくことになるのだろうと思います。これまでになかった新しい可能性が生まれるといいと思う。

 

引用元:聴く読書「Audible」が聴き放題制へ。村上春樹やDC作品配信 - AV Watch

 

Audibleでも広がる村上春樹ワールド、ものすごく楽しみだ。村上春樹のオーディオブック化はAudibleが独占しているようだ。村上春樹のオーディオブックが聴きたいなら、AmazonのAudibleに登録するしかない。

 

それでは、今回オーディオブック化された作品を紹介する!

 

 

『ねじまき鳥クロニクル』 (ナレーター:藤木 直人)

ねじまき鳥が世界のねじを巻くことをやめたとき、平和な郊外住宅地は、底知れぬ闇の奥へと静かに傾斜を始める…。駅前のクリーニング店から意識の井戸の底まで、ねじのありかを求めて探索の年代記は開始される。

ねじまき鳥クロニクル』は村上春樹の最高傑作との呼び声が高い作品だ。何が村上春樹の最高傑作かというのは意見の分かれるところだと思うけれど、個人的には『ねじまき鳥クロニクル』は最高傑作だと思っている。日本だけではなく、海外でも広く読まれていて評価が高い。海外に翻訳された村上春樹の作品に書かれている作家紹介にも『ねじまき鳥クロニクル』が代表作と書かれていることが多い。

妻の失踪というスケールの小さい話から、歴史や暴力などの壮大なテーマに繋がっていくのは圧巻。ストーリーテリングもさることながら、文章も素晴らしく、描写に迫力がある。特に皮剥の描写は秀逸すぎて、トラウマもの。話の構成的に『1Q84』と対になるような作品だ。

ナレーターを担当するのは、藤木直人だ。なんか主人公の「僕」の雰囲気にあっているような気がする。こうやって村上春樹の小説を「聴いて」みると、村上春樹の文章ってリズム感がいいよなって改めて思う。

 

 

『海辺のカフカ』 (ナレーター:木村 佳乃)

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

海辺のカフカ』は、15歳の『僕』とナカタさんを主人公とする、エディプス王の悲劇を下敷きにした物語だ。『ねじまき鳥クロニクル』に引き続き暴力というテーマが扱われている。2つの話がパラレルに展開していく。クライマックスの場面は、村上春樹でしか味わえないような深い余韻を与えてくれる。

ナレーターを担当するのは、木村佳乃だ。村上春樹の世界観をどう彩るのか。

 

 

『騎士団長殺し』 (ナレーター:高橋 一生)

一枚の絵が、秘密の扉を開ける……妻と別離し、傷心のまま、海を望む小暗い森の山荘に暮らす孤独な36歳の画家。ある日、緑濃い谷の向こうから謎めいた銀髪の隣人が現れ、主人公に奇妙な事が起き始める。雑木林の古い石室、不思議な鈴、屋根裏に棲むみみずく、そして「騎士団長」――ユーモアとメタファーに満ちた最高の長編小説!

騎士団長殺し』は、村上春樹の小説を構成するアイテムたちが数多く登場し、村上春樹のベストアルバムみたいな小説だ。

また、人称が、『海辺のカフカ』・『1Q84』の時の三人称から、初期作品で使われていた一人称(「僕」ではなく「私」だが)になっていて、雰囲気も初期作品に近いものになっている。

特に『ねじまき鳥クロニクル』に雰囲気が近いなと感じた。僕はねじまき鳥クロニクルぐらいまでの初期作品が好きなので、『騎士団長殺し』はかなり好きだなと。

ナレーターを担当するのは、高橋一生だ。村上春樹と高橋一生はすごく雰囲気があっているなと思うのは僕だけだろうか。

 

 

『螢・納屋を焼く・その他の短編』 (ナレーター:松山 ケンイチ)

もう戻っては来ないあの時の、まなざし、語らい、想い、そして痛み。リリックな七つの短編。

村上春樹の短編も今回オーディオブック化されている。『螢・納屋を焼く・その他の短編』は、村上春樹を代表する短編がいくつか収録された短編集だ。

「螢」は、『ノルウェイの森』の原形となった作品で、深い喪失感を描いている。「納屋を焼く」は、ホラーテイストの作品で、世にも奇妙な物語のような不気味な世界が広がっている。「納屋を焼く」ということの意味を考えさせられる小説だ。映画化もされている。

ナレーターを担当するのは、松山ケンイチ。松山ケンイチは、村上春樹の『ノルウェイの森』を映画化した際に主人公のワタナベを演じていた。それもあってか、『ノルウェイの森』の原形である「螢」を朗読するのは熱い展開だなと思う。

 

 

『神の子どもたちはみな踊る』 (ナレーター:仲野 太賀)

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

阪神淡路大震災を題材にした短編集。「神の子どもたちはみな踊る」や「タイランド」、「かえるくん、東京を救う」、「蜂蜜パイ」などが収録されている。

中でも「蜂蜜パイ」は、村上春樹の短編の中でも名作と言われている。

ナレーターは、仲野太賀だ。

 

 

『東京奇譚集』 (ナレーター:イッセー尾形)

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却……。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。孤独なピアノ調律師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」。サーファーの息子を喪くした母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語。

東京を舞台にした不可思議な話をまとめたのが『東京奇譚集』という短編集だ。人から名前を奪い取る「品川猿」など、不可思議な短編小説が多く収録されている。

ナレーターを担当するのは、イッセー尾形だ。

 

 

『職業としての小説家』 (ナレーター:小澤 征悦)

いま、村上春樹が語り始める――小説家は寛容な人種なのか……。村上さんは小説家になった頃を振り返り、文学賞について、オリジナリティーについて深く考えます。さて、何を書けばいいのか? どんな人物を登場させようか? 誰のために書くのか? と問いかけ、時間を味方につけて長編小説を書くこと、小説とはどこまでも個人的でフィジカルな営みなのだと具体的に語ります。小説が翻訳され、海外へ出て行って新しいフロンティアを切り拓いた体験、学校について思うこと、故・河合隼雄先生との出会いや物語論など、この本には小説家村上春樹の生きる姿勢、アイデンティティーの在り処がすべて刻印されています。生き生きと、真摯に誠実に――。

この本は、村上春樹が小説や文学賞などについて語ったエッセイだ。村上春樹といえばノーベル文学賞候補として騒がれているが、文学賞のことを村上春樹はどう思っているのかなど書いてある。なかなか面白いので、ぜひ聞いてみてほしい。

 

 

 

Audibleの利用開始方法

Audibleで村上春樹を聴きたくなっただろうか。今すぐ聴きたいという人のために、Audibleの登録について簡単に説明する。

 

Audibleの利用開始は簡単で、最低限次のことをすれば大丈夫だ。

 

①AmazonのIDを用意する

②WebブラウザでAudible会員に登録

③専用のアプリをダウンロード

 

Amazonのアカウントを持っていない人は、まずはAmazonアカウントから作ろう

また、スマホのAmazonのアプリからは登録できないので、手続きはブラウザから始めよう。

料金プランだが、Audibleで色んな作品を聞こうと思うのなら、「有料会員」になった方がお得だ。Audibleの聴き放題に制限はないので、一月に何冊でも聞くことができる。まあこれはお財布に相談案件である。

「会員登録」してから、30日間は無料体験プランの期間なので、とりあえず登録してAudibleを試してみるのもいいかもしれない。退会の手続きも簡単にできる。

無料体験期間が1ヶ月ではなく30日間であるところは要注意だ。