日々の栞

本や映画について気ままに書く。理系の元書店員。村上春樹や純文学の考察や感想を書いていく

村上春樹がチノ・デルドゥカ世界文学賞を受賞した件について

www.jiji.com

村上春樹がチノ・デルドゥカ世界文学賞を受賞したと言うおめでたいニュースが入ってきた。

イタリアの文化人の名前を冠した「チノ・デルドゥカ世界文学賞」は「現代のヒューマニズムのメッセージ」を表現する人に授与される賞のようだ。賞金は20万ユーロ(日本円で約2700万円)だ。これは、ノーベル文学賞に次いで高額らしい。

 

 

チノ・デルドゥカ世界文学賞って何?

チノ・デルドゥカ世界文学賞とは、人道主義的貢献に対して与えられるフランスの文化賞だ。フランス語ではPrix mondial Cino Del Ducaと書き、チーノ・デル・ドゥーカ世界文学賞とも読むようだ。

ウィキペディアで歴代の受賞者を調べてみると、小説家だけではなく、物理学者や歴史学者など幅広く受賞しているようだ。

他にこの賞を受賞している有名な小説家だと、ミラン・クンデラやマリーズ・コンデ、マリオ・バルガス・リョサなどがいる。錚々たる面々だ。

 

 

世界中の文学賞を席巻している村上春樹

チノ・デルドゥカ世界文学賞を受賞した村上春樹だが、これまでにも国際的な文学賞を数多く受賞している。

2006年にはアイルランドの「フランク・オコナー国際短編賞」とチェコの「フランツ・カフカ賞」を受賞している。フランツ・カフカの名を冠したこの文学賞を受賞した作家はノーベル文学賞も受賞していることが多い。2004年のカフカ賞受賞者エルフリーデ・イェリネクと2005年のカフカ賞受賞者ハロルド・ピンターは、両名ともいずれも同年にノーベル文学賞を受賞したのである。このこともあってか、フランツカフカ賞を受賞した村上春樹に「ノーベル賞受賞するか」と注目が集まったのである。

村上春樹はその後もイスラエルの「エルサレム賞」やデンマークの「アンデルセン文学賞」、「カタルーニャ国際賞」など、海外の賞を複数受賞している。

特に、受賞することに政治的な批判があった「エルサレム賞」での受賞スピーチのエピソードは有名である。村上春樹は「壁と卵」という素晴らしいスピーチをエルサレム賞受賞式で披露しているので、ぜひ見てみてほしい。このスピーチは『村上春樹 雑文集』に収録されている。

 

 

村上春樹ノーベル文学賞候補か?祭りの燃料にされそうな予感

plutocharon.hatenablog.com

またまた村上春樹が世界の文学賞を受賞したとあって、今年もまたノーベル賞で騒がれるんだろうなと思う。メディアもいい加減やめたらいいのにとも思う。

チノ・デルドゥカ世界文学賞だが、過去にはマリオ・バルガス・リョサや、パトリック・モディアノが受賞しており、2人は後にノーベル文学賞も受賞している。これもあるからまたノーベル賞への期待が高まるだろう。やれやれ。

また、村上春樹と同様にノーベル賞文学賞を受賞するんじゃないかとよく言われるマリーズ・コンデやミラン・クンデラも受賞してる。

まあ、文学賞をとろうがとらまいが作品自体の素晴らしさは変わらないと思っているので、ノーベル賞候補みたいな騒ぎは辞めてほしいなと思うのが本音である。

 

 

 

関連記事

plutocharon.hatenablog.com