日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに書く。理系の元書店員。

『花束みたいな恋をした』 麦と絹のお気に入りの作家まとめ


『花束みたいな恋をした』本編映像【2人だけの新生活編】

 麦と絹の「花束みたいな恋」の始まりと終わりを描いた『花束みたいな恋をした』。カルチャーをこよなく愛する麦と絹が互いの共通点に惹かれ合い、恋に発展していく様は文化系の人なら一度は憧れたことがあるシチュエーションだろう。

二人の恋を語る上で欠かせないのが、時代を彩ったカルチャーだ。きのこ帝国の「クロノスシタス」や、今村夏子の「ピクニック」など二人の感性を象徴するカルチャーやサブカル要素が散りばめられている。

『花束みたいな恋をした』を彩った作家についてまとめてみた。

 

 

 

 

今村 夏子

こちらあみ子 (ちくま文庫)

こちらあみ子 (ちくま文庫)

 

『花束みたいな恋をした』で猛プッシュされていたのが今村夏子だ。今村夏子は『こちらあみ子』で太宰治賞を受賞し、デビューしている。ちょうど、麦と絹が出会ったころは活動休止状態だった。だが、2016年から活動を再開し、「あひる」や『星の子』など話題作をどんどん発表していく。日常に潜む歪みを描くのが非常に上手い作家だ。この今村夏子の復活と麦と絹の付き合っていた時期が重なったこともあってか、作中では今村夏子が二人の距離感や感性を示す重要な物差しとなっている。

特に「ピクニック」という小説は麦と絹の感性を表す重要な小説だ。映画の中では「その人は、きっと今村夏子さんのピクニック読んでも何も感じない人だ」というフレーズがリフレインされる。2回目にこのセリフが話されるときには、麦の感性が変わってしまったことを切実に示していた。

 

 

滝口 悠生

茄子の輝き

茄子の輝き

 

 滝口悠生の小説も麦と絹のすれ違いを暗示するアイテムとして登場している。映画の中では『茄子の輝き』という小説が登場する。この本を読み終えた絹は麦に勧めるのだが、麦は仕事に追われて読まずにいた。麦が本を車に投げるシーンは悲しかったな。

滝口悠生は、人称や視点の実験的表現に特徴がある。芥川賞を受賞した『死んでいない者』がおすすめ。

 

 

 穂村 弘

世界音痴 (小学館文庫)

世界音痴 (小学館文庫)

 

麦と絹が初めて出会った時に、麦が読んでいたのが穂村弘。短歌やエッセイ、翻訳など執筆ジャンルは多岐に渡る。

 

 

長嶋 有

猛スピードで母は (文春文庫)

猛スピードで母は (文春文庫)

 

麦と絹が初めて出会った時に、絹が読んでいたのが長嶋有。少し世間からずれたような人物の描写が上手い。

 

 

いしい しんじ

ある一日(新潮文庫)

ある一日(新潮文庫)

 

童話に近いテイストの小説が多いいしいしんじマジックリアリズムのような『ある一日』がオススメ。

 

 

堀江 敏幸

雪沼とその周辺 (新潮文庫)

雪沼とその周辺 (新潮文庫)

 

堀江敏幸は、静かで優しい小説を書く作家だ。静謐な小説世界と、研ぎ澄まされた文章は心にしみる。エッセイか小説か分からないような『おぱらばん』や味わい深い短編集の『雪沼とその周辺』がオススメ。

 

 

柴崎 友香

わたしがいなかった街で (新潮文庫)

わたしがいなかった街で (新潮文庫)

  • 作者:柴崎 友香
  • 発売日: 2014/11/28
  • メディア: 文庫
 

場所に積み重なった時間や記憶を書くことに定評がある柴崎友香。最近では、『春の庭』や『わたしがいなかった街で』など、小説の人称や視点の表現に一石を投じるような小説を書いている。確かに、滝口悠生堀江敏幸が好きだったら柴崎友香も好きそうだなと思う。あと保坂和志とかも好きそうだな。そういえば、麦の本棚に保坂和志の本があったっけ。

 

 

小山田 浩子

穴 (新潮文庫)

穴 (新潮文庫)

 

日常の中に不条理な出来事が紛れ込んでくるのが小山田浩子の小説だ。この不条理感はカフカに通じるものがある。おすすめは『工場』と、芥川賞を受賞した『穴』。

 

 

多和田 葉子

日本の女性作家を代表する多和田葉子。近年ではノーベル文学賞の有力候補として名前が挙がっている。多和田葉子の特徴といえば、作品の前衛性だ。言語学に関連する内容や、前衛的な文学表現を行なった小説が多い。『かかとをなくして』が個人的に1番好き。

 

 

舞城 王太郎

ディスコ探偵水曜日(上)(新潮文庫)
 

舞城王太郎は破壊力がとにかくすごい作家だ。小説内構造をいじるメタフィクション小説に定評があり、『九十九十九』や『ディスコ探偵水曜日』などインパクトの大きい問題作を多く執筆している。 

 

 

 

以上、『花束みたいな恋をした』を彩った小説家でした。