日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに書く。理系の元書店員。

森見 登美彦

文体がウィットに富んでいて面白い小説家まとめ

どんでん返し系の小説の帯に「2度読みたくなる」と書かれているのをよく見るけれど、結局のところ何回も読みたくなる小説って文体に魅力がある小説じゃないかなと思う。やっぱり、文章自体に魅力がないと何回も読みたいと思うことがない。やっぱり、ユーモア…

森見登美彦の『熱帯』がついに発売!

森見登美彦の『熱帯』がついに発売 森見登美彦の『熱帯』がついに発売されるようだ。ブラキオサウルスなみに首を長くして待ったかいがあった。『熱帯』という小説はAmazon.co.jpで連載されていたものである。森見氏のブログを見る限り、単行本にするのがかな…