日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに書く。理系の元書店員。

ヌーヴォー・ロマンって知ってる?

ヌーヴォー・ロマンって知ってる?

 

ヌーヴォー・ロマンという言葉をご存じだろうか?たぶん、かなりの文学好きじゃないと、知らないのではないかな。ヌーヴォー・ロマンとは、1950年代のフランスで盛り上がった、前衛・実験文学の潮流である。戦後のフランスでは、これまでの小説の根幹を覆すような小説が次々と発表されていた。その小説群は前衛的で実験的な内容からヌーヴォー・ロマン(新しい小説)」と呼ばれるようになった。ヌーヴォー・ロマンを代表する作家としては、アラン・ロブ=グリエ、ミシェル・ビュートル、クロード・シモンナタリー・サロートなどが挙げられる。サミュエル・ベケットマルグリット・デュラスの小説も含まれる場合がある。文章の魅力やストーリーの面白さではなく、小説の可能性を追い求めたヌーヴォー・ロマンの作家たち。二人称などの人称の実験や、プロットの一貫性や心理描写が抜け落ちていたり、意識の流れの叙述、客観的な描写の徹底など、様々な実験が試みられた。下に代表的な作品を上げていく。

 

 

アラン・ロブ=グリエ 

 

ヌーヴォーロマンといえばアラン・ロブ=グリエ河出文庫講談社学術文庫光文社古典新訳文庫などで出版されているので、ヌーヴォーロマンの作家の中でも、作品が入手しやすい。

 

 

消しゴム

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

 

 

迷路のなかで

迷路のなかで (講談社文芸文庫)

迷路のなかで (講談社文芸文庫)

 

 

 快楽の館

快楽の館 (河出文庫 ロ 2-1)

快楽の館 (河出文庫 ロ 2-1)

 

 この『快楽の館』はタイトルからするとただの官能小説のように見えるが、人を選ぶ前衛小説となっている。青い館で行われる夜会と舞台、老人の不可解な死、女を手に入れるために奔走する男。謎に惹きつけられてページをめくっていくが、さらに謎が深まり、真実は一つにならず、色々な解釈が生まれる。決してミステリーのように一つの真相に至らない。一人称は「ぼく」のはずなのに、知りえないはずの光景まで記述されてゆく。まるで夢を見ているよう。そして「意識の流れ」の技法が使われていて、思考がとりとめもなく流れていく。小説内で起こる出来事は時系列に並べられることを拒絶し、ただイメージや場面が反復されてゆく。

 

 嫉妬

嫉妬 (1959年)

嫉妬 (1959年)

 

 

 

 

ミシェル・ビュートル

 

心変わり

心変わり (岩波文庫)

心変わり (岩波文庫)

 

二人称小説の先駆けとなった小説。

 

 

 時間割

時間割 (河出文庫)

時間割 (河出文庫)

 

 

 

クロード・シモン

 

路面電車

路面電車

路面電車

 

 

 

農耕詩

農耕詩

農耕詩

 

 

 

フランドルへの道

フランドルへの道

フランドルへの道

 

 

 

 

ナタリー・サロート

 

ナタリー・サロートの作品は入手しづらくなっている。

 

 

 

 

 

 

今、日本ではヌーヴォー・ロマンの小説は多くが絶版になっており、手に入れることが難しくなっている。今や、ヌーヴォー・ロマンはすっかり忘れてさられているか、あるいは全く知られていないと思うが、小説の可能性を追求しえられたことは今の文学にも引き継がれていると思う。少し前に純文学で流行っていた視点移動や人称操作も、元をたどればヌーヴォー・ロマンに辿りつくのではないだろうか。またミステリーのトリックにも、ヌーヴォー・ロマンの技法がつかわれていたりする。今は昔ほど小説が読まれなくなっている。別に小説を読まなくたって、映画にテレビ、ゲーム、スマートフォンVR、など娯楽は山ほどある。だから、小説にしかできないことがないと読者に選んでもらえないのではないだろうか。小説にしかできないこと、今までにないような小説、そんな小説の可能性を追求する小説を読みたい。