日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

特別な日に何を願う? / 『バースディ・ガール』 村上 春樹

特別な二十歳の誕生日

バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

 

 今日は成人の日だ。僕は自分の二十歳の誕生日についてよく覚えていない。形式的ではあるけれど、未成年から成人への境目。合法的にお酒だって飲める。二十歳の誕生日は特別なものに思えたけれど、特に何もすることなく終えてしまったように思う。本当に記憶がない。もっと特別なことをしておけば良かったかなとちょっと後悔している。

 

村上春樹の『バースデイ・ガール』はそんな特別な誕生日に起こった不思議な出来事を描いている。この短編はもともと『バースディ・ストーリーズ』という誕生日に関する小説を村上春樹自身が集めたアンソロジーに収録されたものだ。この『バースディ・ガール』に鮮烈なカット・メンシックのイラストが組み合わされて、大人の絵本として生まれ変わった。これまでに村上春樹とカット・メンシックのコラボ作品としては『ねむり』・『パン屋を襲う』・『図書館奇譚』があり、この『バースディ・ガール』は第四弾めだ。この『バースディ・ガール』でのカット・メンシックのイラストは鮮烈な赤色のトーンで統一されていて、『バースディ・ガール』の奇妙な世界感に馴染んでいる。この絵を眺めているだけでも楽しい。誕生日プレゼントとしても良さそうな本だ。この『バースディ・ガール』で描かれているのは、ある女性の二十歳の誕生日に起こった特別な事。主人公の女性は、ひょんなことでこの特別な誕生日にレストランで働くことになる。最初、主人公はシフトを入れていなかったが、同僚が寝込んでしまい、誕生日に働くことになる。客足はあんまりなかったけれど、マネージャーが突然の腹痛で病院に運びこまれるというトラブルが発生する。主人公はマネージャーから一つお願い事を託される。それは、レストランが入っているビルに住むオーナーに晩御飯を届けるというものだ。簡単な仕事に思えるが、この出来事が彼女の誕生日を特別なものに変える。

 

特別な日に何を願う?

晩御飯を届けに行き、女性は不思議な言葉遣いをするオーナーに会う。オーナーは今日が彼女の二十歳の誕生日だと知ると、何かプレゼントをあげようという。そのプレゼントというのは、ひとつ願いを叶えてあげるというものだ。そして彼女はある願い事をオーナーに伝える。その彼女の願いが何であるかは最後まで明かされない。彼女はその誕生日の出来事を回想し、「僕」と語り合う。果たして彼女の願いは叶ったのか、願ったことに後悔はないのかについても詳しい内容は明かされることはない。彼女の願いが明かされないからか、不思議な余韻をのこして『バースディ・ガール』は幕を閉じる。果たして彼女は特別な日の夜に何を願ったのだろう?「人間というのは、どこまでいっても自分以外にはなれないものだ」というセリフが凄く印象に残った。何を願っても、自分の延長線上にあるものにしかなれない。人はみな自らの人生に何か期待して、あるいは何かの願いを込めて生きているのではないか。その願いが叶ったかどうかなんて死ぬまで分からないだろう。あなたは特別な誕生日に何を願う?

 

 

バースデイ・ストーリーズ (村上春樹翻訳ライブラリー)

バースデイ・ストーリーズ (村上春樹翻訳ライブラリー)