日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

『ノルウェイの森』が好きな人におススメの小説

ノルウェイの森』みたいな小説が読みたい!

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

 『ノルウェイの森』は赤と緑の表紙が印象的な言わずと知れた村上春樹の代表作だ。タイトルはビートルズの名曲「ノルウェイの森」から来ており、主人公ワタナベと直子、緑の恋愛模様を通じて生と死、喪失と再生を叙情的に描いている。暗い内容、性描写の多さから人を選ぶが、世界観に共感する人は深く心を揺り動かされる小説になっている。この小説は単行本と文庫本を合わせると1000万部以上売り上げている。恋愛の痛みや喪失感をここまで描き切った作品は『ノルウェイの森』ぐらいしかないんじゃないだろうか。そんな響く人には響く村上春樹の『ノルウェイの森』だが、心に響いた人は『ノルウェイの森』のような感傷的な小説が読みたくなることがあると思う(実体験)。そこで『ノルウェイの森』のような、恋愛の喪失感を叙情的に描いた小説をちょっとまとめてみた!まずは村上春樹作品から『ノルウェイの森』に似た系統の作品を紹介!

 

『螢』

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

螢・納屋を焼く・その他の短編 (新潮文庫)

 

まずは『螢・納屋を焼く・その他の短編』から「螢」という短編を紹介したい。『蛍』は『ノルウェイの森』の原型となった短編小説で、『ノルウェイの森』の第2章、第3章にあたる。『ノルウェイの森』はこの『螢』を下敷きに膨らませた小説となっている。『蛍』にはワタナベや直子といった登場人物は出て来ず、『僕』や『彼女』となっている。短編と長編の違いを楽しむのも良いかも。

 

 

スプートニクの恋人

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

 

  こちらは村上春樹の長編作品。この『スプートニクの恋人』はノルウェイの森』の変奏といえる小説となっている。比喩が過剰に使われた文体で綴られていて、スプートニクは旅の同伴者と同時に、孤独な衛星、分かり会えない孤独な人々を意味している。「ぼく」やすみれ、ミュウはそれぞれに喪失と孤独を抱え、向き合っている。『ノルウェイの森』と関連させて読むと解釈が深まるかも。

 

 

ここからは村上春樹ではなく別の作家の作品を紹介!村上春樹チルドレンと呼ばれる作家の小説が割と多め。

 

パイロット・フィッシュ』

パイロットフィッシュ (角川文庫)

パイロットフィッシュ (角川文庫)

 

村上春樹チルドレンと評される大崎善生の代表作。恋愛の喪失が叙情的に描かれた小説。『ノルウェイの森』と同様に生と死について描かれている。

 

 

秒速5センチメートル

 『君の名は。』で注目を集めている新海誠が『秒速5センチメートル』を自らノベライズ。雑誌のインタビューでも村上春樹に影響を受けたと語っている新海誠監督。この『秒速5センチメートル』は新海誠が注目を集めるきっかけとなった作品で、新海誠版『ノルウェイの森と言える作品だ。この小説版では映画では詳しく描かれなかった最終章が深く掘り下げて描かれている。タイトルが意味するのは桜の花びらが落ちるスピードのことである。時間とともに移ろいゆく貴樹と明里の二人の心の距離を叙情的に描いている。貴樹は失われた過去の恋愛の呪縛から逃れることが出来ず、自己愛ゆえに周りの人を傷つけてしまう。この『秒速5センチメートル』では、過去の恋愛を引きずり、感傷に浸る自分に陶酔している姿を、叙情的な映像と村上春樹的なモノローグで極限まで美しく描いている。自己陶酔を受け入れてくれるから、この『秒速5センチメートル』は多くの人に愛されているのかなと思う。ちなみに『秒速5センチメートル』は男子には凄くはまるみたいだけど、女子にはあまりうけが良くない(主人公うじうじしすぎとか)。男子には影響が大きく、『秒速5センチメートル』を観たり、読んだりしたあとにポエマー(詩人)になってしまった男子が多数報告されている。

 

 『言の葉の庭

 

 『秒速5センチメートル』に引き続いて、こちらも新海誠の映画のノベライズ。こちらも随所に村上春樹ぽさが漂っている。『ノルウェイの森』では印象的な雨のシーンが多いが、この『言の葉の庭』も雨が重要な要素となっている。ちなみに『ノルウェイの森』の最初のタイトルは「雨の中の庭」というものだったらしい。これは偶然かな。

 

 

『真夜中の五分前』

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫)

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫)

 

 こちらも村上春樹に影響を受けた作家・本多孝好の作品。村上春樹チルドレンの一人とよく言われている。読んでいると村上春樹の影響がひしひしと感じられる。文体や比喩、モチーフに至るまで村上春樹の影響が見られる。双子が出てくるあたりは、『1973年のピンボール』を彷彿とさせる。恋人を失った主人公の喪失と再生をミステリー的な要素も絡めて描いた新感覚の小説だ。ミステリー的な『ノルウェイの森と言えるかも。恋人を交通事故で失った「僕」は一卵双生児のかすみに出会う。この出会いがきっかけで「僕」は新しい一歩を踏み出すことになるのだが運命の輪は「僕」を奇妙な世界に追いやる。最後には驚愕のエンディングが待ち受けている。真夜中の5分前というタイトルや5分が意味することがとてもお洒落。偶然かもしれないけど、新海誠の『秒速5センチメートル』といい、数字を効果的に使っていく点で共通している。

 

 『四月になれば彼女は』

四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

 

 失われてしまった恋、冷めてしまった恋、人を愛するということは何かといった、愛に関する哲学をお洒落に描いた恋愛小説。言い回しの随所に村上春樹ぽさが感じられる(~たのは~の頃だったみたいな言い回しとか比喩の部分)。村上春樹に影響を受けたかどうかについての記事やインタビューがないので本当のところは分からないけど、読んだ感じから『四月になれば彼女は』は村上春樹の影響下にあると勝手に思っている。

 

 

『プールの底に眠る』

プールの底に眠る (講談社文庫)

プールの底に眠る (講談社文庫)

 

 こちらはメフィスト賞を受賞した白河三兎のデビュー作。金沢21世紀美術館の「スイミング・プール」という作品(プールの底から上をのぞき込める体験型のアート)に着想を得て書かれたらしい。随所に村上春樹ぽさが感じられる。ミステリーだけに収まらない名作!

 

 

 『ラヴレター

ラヴレター (角川文庫)

ラヴレター (角川文庫)

 

 日本を代表する映画監督・岩井俊二の名作を本人が小説化。奇妙な文通から始まる、心揺さぶる恋物語

 

 

以上、『ノルウェイの森』が好きな人におススメの小説のまとめでした。是非是非気になる作品は読んでみて!