日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

友情と恋愛どちらを取る?/ 『友情』 武者小路実篤

最初この本を取ったとき、タイトルの『友情』から爽やかな青春小説を連想していたが、まったく違った。青春小説は青春小説だけど、友情と恋愛の間での葛藤を描いた少しドロドロした小説。いわゆる三角関係を描いた小説で、夏目漱石の『こころ』や『それから』を彷彿とさせるような内容。作中でも『それから』が出てきていて、夏目漱石の作品へのオマージュとも言える。夏目漱石の作品と違うのは、主人公が好きな人を友人に取られるという点だ。『こころ』では主人公が友情と恋愛どちらを取るか悩むが、『友情』では主人公の立場が友人に裏切られる側である。この作品のテーマは、人は友のへの義理(友情)よりも自然の義理(恋愛)をとってしまうということなんだろうか。


あらすじを簡単に書いてみると、脚本家の野島は、友人の仲田の妹、16歳の杉子に恋をし、親友の小説家、大宮にこの恋を相談し、友人は協力してくれるようになる。奥手の野島はなかなか距離を詰められず、新たな恋敵の登場にどぎまぎし、杉子の反応に一喜一憂する。そして、野島は杉子に結婚を申し込むのだが、衝撃の事実を知らされることになる…以下かなり本文の内容に触れます。


読み始めてみると、前書きで野島と杉子は結ばれず、大宮と杉子が結ばれると書いてあって、いきなり結末を知ってしまった。著者のセルフネタバレってやつですね。きっと結末よりも、結末に至るまでの過程に重きを味わうべき小説なんだよなと思う。僕は古典作品はネタバレしても面白さは半減しないと信じてる。


野島が事実を知るところはかなり酷だよなと思う。手紙のやりとりを全て見せるというのはなかなか残酷な方法だ。「野島さまのわきには、一時間以上はいたくないのです。」なんて書かれていたら卒倒してしまう。

 
夏目漱石の「それから」と比べると、大宮は限界まで友情を取ろうとしているように思える。でも結局、自然への義理に従ってしまうのだけど。この本は180ページほどと、かなり薄いのだけど、内容が濃く、心がえぐられる。特にこの小説のようなシチュエーションを経験した人ならかなり衝撃が大きいはずだ。人ってある程度限られた世界で生きているから、友人と同じ人を好きになることも起こってしまう。友情と恋愛で葛藤するのがしみる。高校生ぐらいまでは絶対友情を取るだろうと思っていたけど、大学生になって激しい恋を経験すると恋愛を取ってしまうよなって思うようになった。環境の変化と恋愛経験でどっちを取るかは変わってくるよなって思う。やっぱり、友情か恋愛かという問いは普遍的なんだな。
 
どんなに好きでも、どんなに頑張っても、相手の気持ちはどうにもならないことがある。さらには、相手が好きなのは自分ではなく、よりによって親友。この誤配が悲劇を生むことになる。やっぱり恋は不条理なものだな。

読んでいると、これはどう見ても野島が振られるよなって思うとこがある。奥手な野島が四苦八苦する姿は微笑ましいし、○○ができたらあの人と結ばれるというのは誰しも経験したことじゃないだろうか。しかし、野島には自分の幻想を杉子に押し付けすぎたきらいがある。自分の中で恋が盛り上がりすぎて、色んな妄想が膨らむことはよくある。しかし、過度の妄想が生み出す虚像はどうしても相手の重荷になってしまう。現に、杉子も手紙の中で書いている。(「野島さまは私というものをそっちのけにして勝手に私を人間ばなれしたものに築きあげて、そして勝手にそれを賛美していらっしゃるのです。」)野島を反面教師にすると、ありのままの相手を受け入れることの大切さが身にしみてくる。

読み終わってみると、新潮文庫版の表紙のイラストは三角関係を表しているんだなと分かる。1番上にいるのが杉子で、主要なエピソードに関係する卓球のラケットを握っている。真ん中のメガネをかけた野暮ったい感じのが野島で、1番下が大宮なんじゃないかなと思う。読んでいたときの野島のイメージが、まさに表紙の野暮ったい感じだった。あとそれぞれの視線がどこに向いているかを考えると、面白いイラストになっている。

 

友情 (新潮文庫)

友情 (新潮文庫)