読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

スパゲティーに込められた孤独 「スパゲティーの年に 」 村上春樹

村上春樹 小説 文学

 

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

 

 

「スパゲティーの年に」は『カンガルー日和』に収録されている村上春樹の短編である。短編より短く、ショートショートに近い作品だが、村上春樹特有の比喩や表現が詰まっている。『カンガルー日和』収録作の中でもお気に入りの一作。

 
主人公の僕が1971年にスパゲティーを茹で続けるというあらすじ。そう、1971年がスパゲティーの年。「僕」は春、夏、秋と1人でスパゲティーを茹で続ける。スパゲティーは1人で食べるべき料理と「僕」が述べているように、この作品ではスパゲティーが孤独や隠遁と深く結びついているイメージを受ける。「僕」は誰かが訪ねてくる可能性を感じるが、誰も訪れない。知り合いの女から電話がかかってきても、ドタバタに巻き込まれたくないから断っている。人と深く関わらない現代人とその孤独を描いているのか。この主人公の他者との距離感が都市の孤独に繋がっているのだろか。村上春樹は他者との距離感を描くのが凄く巧みな作家だと思う。
 
ねじまき鳥クロニクル』の冒頭でもスパゲティーが茹でられている。ねじまき鳥の主人公は無職で、「スパゲティーの年に」の主人公の隠遁に近いものを感じる。『ねじまき鳥クロニクル』でもスパゲティーが孤独のメタファーとして使われているように感じた。