日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

書店ブックカバーコレクション (大阪編)

スタンダードブックストア 大阪が誇る個性派書店。 蔦屋書店

書店ブックカバーコレクション(大型書店編)

まずは大型書店のブックカバーから! ジュンク堂 紀伊国屋書店 TSUTAYA ブックファースト 続いて大阪の個性派書店のブックカバー。 スタンダードブックストア 大阪の地図がモチーフになっている。スタンダードブックストアの場所もちゃんと書かれている。 蔦…

人生は空騒ぎ / 『恋のロンドン狂騒曲』 ウディ・アレン

軽いラブコメディと思いきや... www.youtube.com ウディ・アレン監督の映画といえば、ユーモアに富んだ会話と、「人生は無意味だ」といったシニカルな作風で知られている。この『恋のロンドン狂騒曲』はウディ・アレン映画の中でも諦念に満ちた映画だ。ウデ…

最近、佐藤正午が気になる

最近、直木賞を取った佐藤正午 月の満ち欠け 第157回直木賞受賞 作者: 佐藤正午 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2017/04/06 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (23件) を見る 最近、『月の満ち欠け』で直木賞を受賞して、注目を集めている佐藤正午…

勤労感謝の日

今日は勤労感謝の日。振り返ってみると、本を読んで、本屋に行って、膝を強打した1日であった。勤労感謝の日だから蟹工船でも読もうと思ったが、何か方向性を間違えている気がしてやめた。とりあえず今日は働いてないから、勤労感謝の日を心から楽しめたはず…

絶版本を探す方法

絶版本を探すには 本好きあるあるだと思うけど、読みたい本が絶版になっているってよくあることだと思う。本屋でバイトしていた経験から言うと、十年前に出版された本でも結構絶版になっていた。読みたいだけなら図書館で借りればいいけれど、手元に置いてお…

恋する男子はみんな阿呆 /『恋文の技術』 森見 登美彦

拝啓 未だ見ぬあなたへ 恋文の技術 (ポプラ文庫) 作者: 森見登美彦 出版社/メーカー: ポプラ社 発売日: 2011/04/06 メディア: 文庫 購入: 25人 クリック: 474回 この商品を含むブログ (84件) を見る 四畳半に燻り、単位を湯水のように落とす腐れ大学生にとっ…

失った恋を取り戻そうとした男 /『グレート・ギャツビー』 スコット・フィッツジェラルド

男って女々しい。 女を二文字重ねて女々しいと書くけれど、本当に女々しいのは男の方ではないかと思う。恋の思い出を、男は名前を付けて保存、女は上書き保存とよく言うが、かなり的を得ている。back numberの曲の歌詞のように、古今東西女々しい男はとこと…

小説家の視点で名作古典作品を読みなおす / 『小説の読み書き』 佐藤 正午

佐藤正午が名作古典を読みなおす 小説を読むことは、小説を書くことに繋がる。小説を読む中で、読者はそれぞれの解釈を行い、そのつど新たな解釈が生まれてくる。文字通り、読者の数だけ解釈がある。この『小説の読み書き』では、佐藤正午の目線から名作古典…

疲れたとき心に響く太宰治の言葉

心にしみる太宰治の言葉 太宰治の小説の中から疲れたときにしみる言葉を選んでみた。 ヴィヨンの妻 私たちは、生きていさえすればいいのよ 太宰治の小説に出てくる男は大抵クズ人間だけれども、女は凛として力強く生きていくようにえがかれている。ヴィヨン…

小説とは何か?/ 『1000の小説とバックベアード』 佐藤 友哉

佐藤友哉なりの小説賛歌 佐藤友哉の三島由紀夫賞受賞作。ラノベと純文学のハイブリッドみたいな作品。小説とは何か、何のために小説を書くのかということテーマにしたファンタジー。随所に佐藤友哉らしい言い回しがあり、はまる人にははまる。1000の小説や、…

謎が謎を呼ぶ探偵小説

謎が謎を呼ぶ探偵小説 真実はいつも一つとコナン君がよく言っているように、探偵小説やミステリーは一つの揺るぎない真実や真相に向かって収束していく。大体の場合は。けれども現実世界では真実はいつもひとつとなることは少ないし、何が真実か分からなくな…

ゴドーにタタールにシルト/世界の待ちぼうけ小説

待ちぼうけ小説とは 待ちぼうけ小説とは、僕が勝手に呼んでいる名前だけど、待っている人やものがやってこないことを主題にした小説のことだ。待っているのに来ない、いつ来るか分からない。気になる女の子をデートに誘ったけど、やってこないときに読みたい…

ツインピークスを観始めた

最近ツインピークスを観始めた POPEYE(ポパイ) 2017年 11月号 [映画とドーナツ。] 出版社/メーカー: マガジンハウス 発売日: 2017/10/10 メディア: 雑誌 この商品を含むブログを見る ポパイの11月号を読んで気になった『ツインピークス』。デヴィッド・リ…

ここではないどこかへ / 『アズミ・ハルコは行方不明』 山内 マリコ

地方都市に住む人々の鬱屈を描き切った傑作 『パリ行ったことないの』が凄く良かったので、同じ著者の山内マリコ作品を読んでみたけど、この『アズミ・ハルコは行方不明』も大当たり。地方都市に住む人々の鬱屈や閉塞感、上辺だけの関係、そして可能性が閉ざ…

ギリシャ・トルコをめぐる冒険 / 『雨天炎天』 村上 春樹

ギリシャ・トルコ辺境紀行 僕はエッセイはほとんど読まないし、海外の地も踏んだことがない。なので、新しいものみたさで、海外旅行についてのエッセイを読んでみた。その他にも、村上春樹の小説をほとんど読んでしまって、未読はエッセイぐらいだったという…

日本三大奇書、あるいは第四、第五の奇書

一度は聞いたことがある!?日本三大奇書 本好きの人、あるいはあんまり本を読まない人も聞いたことがあるかもしれない日本三大奇書。『ドグラ・マグラ』を筆頭に、日本の推理小説におけるアンチミステリの傑作とされる三つの小説の総称だ。その三つの小説とは…

「意識高い系」と李徴の共通点 / 『山月記』 中島 敦

色あせない古典作品「山月記」 世の中の人は『ライ麦畑でつかまえて』、『人間失格』、『山月記』のどれかには深く心を揺さぶられるのではないかと思っている。どれも、いわゆる中二病といわれそうな内容だ。でも人って中二病的なものをいくらか抱えて生きて…

人生の全ての選択肢を選んだら / 『ミスター・ノーバディ』 ジャコ・ヴァン・ドルマル

人生の全ての選択を選んだら ミスター・ノーバディ [DVD] 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2012/10/26 メディア: DVD 購入: 2人 クリック: 2回 この商品を含むブログ (6件) を見る 人生は選択の連続だ。身近な選択であれば、どの道を通るか、昼飯は何を食…

人生は何でもあり! / 『人生万歳』 ウディ・アレン

人生は何でもあり! 人生万歳! [DVD] 出版社/メーカー: アルバトロス 発売日: 2011/05/03 メディア: DVD クリック: 21回 この商品を含むブログ (50件) を見る 主人公は偏屈な物理学者ボリス。かつてはノーベル賞物理学賞の候補になっていたが、今は落ちぶれ…

どんでん返しが凄い小説

どんでん返しがすごいミステリー ミステリー小説の醍醐味の1つと言えるどんでん返し。そんなどんでん返しがすごいミステリーを紹介! 十角館の殺人 十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫) 作者: 綾辻行人 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2007/10/16 メデ…

伊坂幸太郎とタランティーノ

伊坂幸太郎とタランティーノ パルプ・フィクション(吹替版) メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログを見る 何故か、タランティーノの映画を観た後伊坂幸太郎の小説が読みたくなってしまう。タランティーノの映画で味わえる登場人物たちの饒舌で洒脱な…

『メイド・イン・USA』だけどフランス映画 / 『メイド・イン・USA』 ジャン=リュック・ゴダール

『メイド・イン・USA』だけどフランス映画 メイド・イン・USA Blu-ray 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 2013/11/23 メディア: Blu-ray この商品を含むブログ (1件) を見る ヌーヴェルヴァーグを代表するジャン=リュック・ゴダール監督の作品。初期の…

少女にしか分からない倦怠感と儚さ / 『ヴァージン・スーサイズ』 ソフィア・コッポラ

思春期特有の儚さと危うさを描いたガーリーな映画 ヴァージン・スーサイズ [DVD] 出版社/メーカー: 東北新社 発売日: 2001/02/02 メディア: DVD クリック: 337回 この商品を含むブログ (279件) を見る これが女子高の雰囲気なのかなと観たあとに思った映画『…

小松菜奈がひたすらに可愛い映画 / 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

小松菜奈は正義 www.youtube.com 小松菜奈は可愛い。地球は太陽の周りを回っているというのが真理であるように、小松菜奈が可愛いというのはもはや真理だ。アンニュイさ、ミステリアスさ、儚さといい小松菜奈の魅力は色々ある。そんな小松菜奈の魅力が溢れた…

失われた恋の残響 / 『九月の四分の一』 大崎善生

心の感傷的な部分に響く短編集 九月の四分の一 (新潮文庫) 作者: 大崎善生 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/02/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (87件) を見る 何故だかわからないけど、感傷的な気分に浸りたくなる…

新しい一歩を踏み出したいあなたに / 『パリ行ったことないの』 山内 マリコ

パリが後押ししてくれる新しい一歩 パリは魅力的だ。パリコレファッションに、エッフェル塔、凱旋門、ルーヴル美術館、フォンダシオン・ルイ・ヴィトンなどファッションや芸術の中心地であるパリ。それだけでなく、『ミッドナイトインパリ』や『アメリ』、『…

誰もが虹を待っている / 「虹を待つ人」 BUMP OF CHICKEN

虹を待つということ www.youtube.com すっかりライブの定番曲として定着した「虹を待つ人」。「虹を待つ人」はアルバム『RAY』に収録されている楽曲で、バンドサウンドにシンセサイザーを合わせた今のBUMPを象徴する楽曲だ。そんな「虹を待つ人」の歌詞を文…

おしゃれは突き詰めると人の内面に帰結する説

お洒落は内面から? 「無理して服を買わなくていい。それよりも勉強して内面を磨いた方がいい」これはある服屋の店員に僕が実際言われた言葉だ。まさか、服屋の店員に服を買わなくていいと言われる日が来るとは思わなかったけど、その店員の話は凄く印象に残…

バルセロナでの情熱的な恋愛模様 / 『それでも恋するバルセロナ』 ウディ・アレン

スペインでのアヴァンチュール それでも恋するバルセロナ [DVD] 出版社/メーカー: 角川映画 発売日: 2010/08/27 メディア: DVD 購入: 1人 クリック: 26回 この商品を含むブログ (44件) を見る 『マッチポイント』・『タロットカード殺人事件』につづいてスカ…