日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

小説家の視点で名作古典作品を読みなおす / 『小説の読み書き』 佐藤 正午

佐藤正午が名作古典を読みなおす

 f:id:plutocharon:20171120002636j:image

小説を読むことは、小説を書くことに繋がる。小説を読む中で、読者はそれぞれの解釈を行い、そのつど新たな解釈が生まれてくる。文字通り、読者の数だけ解釈がある。この『小説の読み書き』では、佐藤正午の目線から名作古典を読みなおし、小説家視点からの小説の書き方を考えていく。読みなおす小説は夏目漱石『こころ』や川端康成『雪国』、太宰治人間失格』、谷崎潤一郎痴人の愛』といった有名どころの小説から、横光利一『機械』や永井荷風『つゆのあとさき』といった有名ではないが文学好きなら知っているマイナーな小説までと様々だ。それぞれの小説の文体を中心に読み解いていく。

 

永井荷風『つゆのあとさき』では、文章の冒頭の「女給の」という言葉に拘って評していく。夏目漱石『こころ』では夏目漱石の文体はお手本のようだと評している。佐藤正午の名作古典の読みなおしを通じて、小説家と一緒に小説を読み書きしているような気持になる。ここはこういうふうに読むんだ、こんなに細かいところまで気にしているんだ、こういうふうに小説を捉えているのかと目から鱗だった。神は細部に宿るとよく言うけれど、この本を通じて小説の細部へのこだわり方が見えてきたような気がした。

 

 

小説の読み書き (岩波新書)

小説の読み書き (岩波新書)

 

 

疲れたとき心に響く太宰治の言葉

心にしみる太宰治の言葉

太宰治の小説の中から疲れたときにしみる言葉を選んでみた。

 

 

ヴィヨンの妻

私たちは、生きていさえすればいいのよ

 太宰治の小説に出てくる男は大抵クズ人間だけれども、女は凛として力強く生きていくようにえがかれている。ヴィヨンの妻はまさにそれで、凛として気高く美しい。

 

桜桃

生きるという事は、たいへんな事だ。あちこちから鎖がからまっていて、少しでも動くと、血が噴き出す。

 この言葉も心にしみる。BUMP OF CHICKEN の歌詞にありそう。

 

 

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

ヴィヨンの妻 (新潮文庫)

 

 

小説とは何か?/ 『1000の小説とバックベアード』 佐藤 友哉

佐藤友哉なりの小説賛歌

 

佐藤友哉三島由紀夫賞受賞作。ラノベと純文学のハイブリッドみたいな作品。小説とは何か、何のために小説を書くのかということテーマにしたファンタジー。随所に佐藤友哉らしい言い回しがあり、はまる人にははまる。1000の小説や、バックベアード、片説、図書館などの設定にも心惹かれる。「小説を書く気持ちで書くとそれは小説」強引であるが、魅力を感じることば。これがこの小説が提示する答えなのかもしれない。また、最後の場面は、ミイラと化した「日本文学」に対する佐藤友哉の所信表明のように思えた。

 

 

1000の小説とバックベアード (新潮文庫)

1000の小説とバックベアード (新潮文庫)

 

 

謎が謎を呼ぶ探偵小説

謎が謎を呼ぶ探偵小説

真実はいつも一つとコナン君がよく言っているように、探偵小説やミステリーは一つの揺るぎない真実や真相に向かって収束していく。大体の場合は。けれども現実世界では真実はいつもひとつとなることは少ないし、何が真実か分からなくなる時もある。そんな探偵小説の枠組みを崩し、謎が謎を呼ぶ小説がある。そんな小説について語ろうと思う。メインは安部公房やポールオースターの小説群。

 

燃え尽きた地図

 

燃えつきた地図 (新潮文庫)

燃えつきた地図 (新潮文庫)

 

 

ガラスの街

 

ガラスの街 (新潮文庫)

ガラスの街 (新潮文庫)

 

 

幽霊たち

 

幽霊たち (新潮文庫)

幽霊たち (新潮文庫)

 

 

 

 

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

 

 

ゴドーにタタールにシルト/世界の待ちぼうけ小説

待ちぼうけ小説とは

 

待ちぼうけ小説とは、僕が勝手に呼んでいる名前だけど、待っている人やものがやってこないことを主題にした小説のことだ。待っているのに来ない、いつ来るか分からない。気になる女の子をデートに誘ったけど、やってこないときに読みたい本ナンバーワンだ(絶対に違う)。冗談はさておいて、待つことの不条理を扱った小説・戯曲を紹介していきたい。

 

ゴドーを待ちながら

ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)

ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)

 

 言わずと知れたベケットの戯曲『ゴドーを待ちながら』。すべての待ちぼうけ小説はここからうまれた。ひたすらにゴド―を待ち続けるという不条理劇。

 

 タタール人の砂漠

タタール人の砂漠 (岩波文庫)

タタール人の砂漠 (岩波文庫)

 

 こちらはブッツァーティの小説。この小説ではいつ来るか分からない敵を待ち続けている。

 

シルトの岸辺

 戦いの膠着状態がひたすらに続く。

 

夷狄を待ちながら

夷狄を待ちながら (集英社文庫)

夷狄を待ちながら (集英社文庫)

 

 タイトルがゴド―のオマージュになっている。

ツインピークスを観始めた

最近ツインピークスを観始めた

POPEYE(ポパイ) 2017年 11月号 [映画とドーナツ。]

POPEYE(ポパイ) 2017年 11月号 [映画とドーナツ。]

 

 ポパイの11月号を読んで気になった『ツインピークス』。デヴィッド・リンチ監督の作品は『マルホランド・ドライブ』を見ていたから、少し気になってTSUTAYAで借りてみてみた。まあ、訳が分からない。最初のオープニングシーンが鉄工所からはじまるのだけれど、借りたDVD間違えたかなって思った。クーパー捜査官がかっこよすぎなのと、街の人々のキャラが濃すぎ。ドーナツを二つ重ねるシーンが特徴的で、思わずまねてしまった。3話まで見たけど、石をなげる演繹法的な推理とか、夢のお告げとかどんどん非科学的というか非論理的な感じになってきたけど、ちゃんと話がまとまるのかな。訳が分からないけど、その訳の分からなさが凄く面白い。続きが気になる。

 

 

 

ここではないどこかへ / 『アズミ・ハルコは行方不明』 山内 マリコ

地方都市に住む人々の鬱屈を描き切った傑作

 f:id:plutocharon:20171112235930j:image

『パリ行ったことないの』が凄く良かったので、同じ著者の山内マリコ作品を読んでみたけど、この『アズミ・ハルコは行方不明』も大当たり。地方都市に住む人々の鬱屈や閉塞感、上辺だけの関係、そして可能性が閉ざされつつある若者の焦燥感などすごく身に染みる内容だった。固有名詞がポンポン投入されていて、若者が共感できるポップな文体になっている。現実的な話かと思いきや、少女ギャング団というファンタジックな存在も登場する。とにかく、地方都市の閉塞感をみごとに描いている。ここではないどこかへ行きたいと思っている人がこの小説を読むと、深く心をえぐられるだろう

 

アズミ・ハルコの失踪が物語を動かす

物語はアズミ・ハルコの失踪によって大きく動く。第一部ではアズミ・ハルコは登場せず、愛菜・ユキオ・学の三人を主人公にして話が進んでいる。三人は同級生で、ひょんなことから再開する。3人はそれぞれに自意識過剰であったり、自分の可能性が閉ざされてしまうような閉塞感に悩んだりしている。まさに現代の若物の見本市。特に愛菜はメンへラというほどでもないけれど、恋愛体質で恋人に依存してしまう女子で、こんな女子いるよねってなる。ユキオと学はグラフィックアートで人生の閉塞感を打ち破ろうとする。そのグラフィックアートの題材となったのが失踪したアズミ・ハルコだ。

 

二部になってようやくアズミ・ハルコがでてくる。最初は朝井リョウの『桐嶋、部活辞めるってよ』みたいに中心人物が出て来ないのかと思っていた。第二部ではアズミ・ハルコこと安曇春子がなぜ失踪したかが描かれている。上司のセクハラに耐え、単調な仕事をこなす日々が続く。このままでいいのかという焦燥感や、女の人がさらされる結婚へのプレッシャーがリアルに描かれている。現実的なところもあれば、少女ギャング団という空想的な存在も登場してくる。

 

第三部ではそれぞれが閉塞感を打ち破ろうとしていく展開になる。学は警察に連行されるが、それがきっかけで新聞の記事に特集され、アートフェスにグラフィックアートを出店することになる。けれど、結局アートフェスに人が集まらず、地方都市の停滞感を象徴する結果となってしまう。学とユキオは、グラフィックアートで閉塞感を打ち破ることはできなかったのだ。むしろ地方都市の閉塞感に回収されてしまった。一方ユキオに捨てられてしまった愛菜には予期せぬ出会いが訪れる。心が温かくなるラストだった。

 

「アズミ・ハルコ」が意味すること

漢字の安曇春子ではなく、カタカナの「アズミ・ハルコ」は固有名詞では終わらない意味を持っているような気がする。どうしようもない現実から逃げて行方不明となった女たち、地方の閉塞感を打ち破ろうとする女たちを象徴しているように思えてならない。この『アズミ・ハルコは行方不明』は、日本の「アズミ・ハルコ」たちに捧げられた小説だ。

 

 

アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)

アズミ・ハルコは行方不明 (幻冬舎文庫)

 

 

 

アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]

アズミ・ハルコは行方不明 [DVD]