日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

螢の旋律にあなたは騙される / 『螢』 麻耶 雄嵩

オカルトスポット探険サークルの学生六人は京都山間部の黒いレンガ屋敷ファイアフライ館に肝試しに来た。ここは十年前、作曲家の加賀螢司が演奏家六人を殺した場所だ。そして半年前、一人の女子メンバーが未逮捕の殺人鬼ジョージに惨殺されている。そんな中での四日間の合宿。ふざけ合う仲間たち。嵐の山荘での第一の殺人は、すぐに起こった。

今までに僕は光る蛍を実際に見たことがない。蛍の光に包まれるという幻想的な体験を一度でもいいから体験してみたい。ホタルを漢字で書くと蛍だが、難しい方の漢字では螢と書く。この二つの違いはよく分からないけれど、漢字が難しい方の蛍は村上春樹の短編とか、小説のタイトルではよく見かける気がする。今回の「螢」はミステリーのほうの螢。作者は、問題作を次々に発表している麻耶雄嵩。この『螢』もどんでん返しの名作と言われているけれど、他のどんでん返しとは一線を画す、変化球的なミステリである。どんでん返し系のミステリを読みなれている人の方が楽しめると思う。

 

ストーリーは、突然の嵐で陸の孤島と化したファイアフライ館でおこる殺人事件という、クローズドサークルの定番となっている。舞台のファイアフライ館は、過去に作曲家の加賀螢司が演奏家六人を殺したいわくつきの場所だ。そこを訪れたオカルトスポット探険サークルの学生六人はファイアフライ館に合宿に来るのだが、例によって嵐がきて、外部にでれなくなるのである。ここまで読んでいると、なんだ普通のクローズドサークルじゃないかと思うかもしれない。しかし、普通のミステリーで終わらないのが麻耶雄嵩この本には色々と仕掛けが張り巡らせる。ある仕掛けは、どんでん返しもののミステリーを読みなれた人なら気づくかもしれない。だが、ある仕掛けは絶対に見破れないだろう。こんな仕掛けは前代未聞だし、違和感を感じていても、まさかそんなことになっているとは誰も思いつけないだろう。これは絶対に騙される。ぜひ挑戦してみてほしい。

 

 

一つ目の叙述トリック:三人称諫早視点ではなく長崎の一人称視点

主人公の人称にはうすうす気づいたけど、性別誤認をそう使ってくるのが新鮮やな。単に、ボクっ娘で、百合なのかなって思いながら読んでいたら、

 

ファイアフライ館の秘密

 

館自体が楽器になっている。サクラダファミリアみたい

 

衝撃のエピローグ

エピローグで誰が生き残ったかはよく分からない。

 

 

螢 (幻冬舎文庫)

螢 (幻冬舎文庫)

 

 

伊坂幸太郎の変化

一期は純粋なエンターテインメント
2期は純文学的な手法を用いた小説
3期はエンターテインメントの手法を用いて純文学的なテーマを描いている気がする。

ヌーヴォー・ロマンって知ってる?

ヌーヴォー・ロマンって知ってる?

 

ヌーヴォー・ロマンという言葉をご存じだろうか?たぶん、かなりの文学好きじゃないと、知らないのではないかな。ヌーヴォー・ロマンとは、1950年代のフランスで盛り上がった、前衛・実験文学の潮流である。戦後のフランスでは、これまでの小説の根幹を覆すような小説が次々と発表されるようになり、その小説群は前衛的で実験的な内容から「ヌーヴォー・ロマン(新しい小説)」と呼ばれるようになった。ヌーヴォー・ロマンを代表する作家としては、アランロブ=グリエ、ミシェル・ビュートル、クロード・シモンナタリー・サロートなどが挙げられる。サミュエル・ベケットマルグリット・デュラスの小説も含まれる場合がある。文章の魅力やストーリーの面白さではなく、小説の可能性を追い求めたヌーヴォー・ロマンの作家たち。二人称などの人称の実験や、プロットの一貫性や心理描写が抜け落ちていたり、意識の流れの叙述、客観的な描写の徹底など、様々な実験が試みられた。下に代表的な作品を上げていく。

 

 

アラン・ロブ=グリエ 

 

消しゴム

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

消しゴム (光文社古典新訳文庫)

 

 

迷路のなかで

迷路のなかで (講談社文芸文庫)

迷路のなかで (講談社文芸文庫)

 

 

 快楽の館

快楽の館 (河出文庫 ロ 2-1)

快楽の館 (河出文庫 ロ 2-1)

 

 

この『快楽の館』はタイトルからするとただの官能小説のように見えるが、人を選ぶ前衛小説となっている。青い館で行われる夜会と舞台、老人の不可解な死、女を手に入れるために奔走する男。謎に惹きつけられてページをめくっていくが、さらに謎が深まり、真実は一つにならず、色々な解釈が生まれる。決してミステリーのように一つの真相に至らない。一人称は「ぼく」のはずなのに、知りえないはずの光景まで記述されてゆく。まるで夢を見ているよう。そして「意識の流れ」の技法が使われていて、思考がとりとめもなく流れていく。小説内で起こる出来事は時系列に並べられることを拒絶し、ただイメージや場面が反復されてゆく。

 

 嫉妬

嫉妬 (1959年)

嫉妬 (1959年)

 

 

 

今、日本ではヌーヴォー・ロマンの小説は多くが絶版になっており、手に入れることが難しくなっている。今や、ヌーヴォー・ロマンはすっかり忘れてさられているか、あるいは全く知られていないと思うが、小説の可能性を追求しえられたことは今の文学にも引き継がれていると思う。少し前に純文学で流行っていた視点移動や人称操作も、元をたどればヌーヴォー・ロマンに辿りつくのではないだろうか。またミステリーのトリックにも、ヌーヴォー・ロマンの技法がつかわれていたりする。今は昔ほど小説が読まれなくなっている。別に小説を読まなくたって、映画にテレビ、ゲーム、スマートフォンVR、など娯楽は山ほどある。だから、小説にしかできないことがないと読者に選んでもらえないのではないだろうか。小説にしかできないこと、今までにないような小説、そんな小説の可能性を追求する小説を読みたい。

 

 

 

 

 

佐藤正午の隠れた名作 / 『取り扱い注意』 佐藤 正午

佐藤正午の隠れた名作

 

佐藤正午自身余り知名度がないのだけど、その佐藤正午の小説の中でも取り扱い注意は知名度が低い。この小説はとにかく変則的だ。時系列はバラバラになっているし、出てくる登場人物も普通からは縁遠い人たちだ。会話がとにかく秀逸なのである。

 

 

 

取り扱い注意 (角川文庫)

取り扱い注意 (角川文庫)

 

 

U-NEXTにはウディ・アレンの映画が意外と多い説

最近、動画配信サービスの比較をしている

最近、無料体験期間を利用して、ネットフリックスやU-NEXTなどのサービスの比較をしている。比較する基準の一つに、ウディ・アレンの映画がどの位観れるかがある。ネットフリックスだと、『マジック・イン・ムーンライト』、『ミッドナイト・イン・パリ』など最新のものしかなかったが、U-NEXTはかなり充実していた。

f:id:plutocharon:20180606222509j:image

マジック・イン・ムーンライト』、『ミッドナイト・イン・パリ』、『それでも恋するバルセロナ』など最近の作品はほとんど揃っている。

 

 

f:id:plutocharon:20180606222514j:image

ハンナとその姉妹』などネットフリックスにはないものも多くあった。

 

f:id:plutocharon:20180606222521p:image

 

更には、『カイロと紫のバラ』といったTSUTAYAにもあんまりおいていない昔の名作も揃っている。これには結構驚いた。他にもTSUTAYAになくて見ることが出来なかった『おいしい生活』などの映画もあり、素晴らしいラインナップだ。ウディ・アレンに関しては、U-NEXTの品ぞろえは充実している!

 

 

f:id:plutocharon:20180606222625j:image

 

 

 

 

超絶技巧の問題作 / 『黒い仏』 殊能 将之

超絶技巧の問題作

f:id:plutocharon:20180606005833j:image

九世紀、天台僧が唐から持ち帰ろうとした秘法とは。助手の徐彬を連れて石動戯作が調査に行った寺には、顔の削り取られた奇妙な本尊が。指紋ひとつ残されていない部屋で発見された身元不明の死体と黒い数珠。事件はあっという間に石動を巻き込んで恐るべき終局へ。ついにミステリは究極の名探偵を現出せしめた。

 殊能将之といえば、『ハサミ男』が思い浮かぶ。『鏡の中は日曜日』も読んでいたけど、まさか『黒い仏』のような大大大問題作を書いているとは思わなかった。黒い仏』も大どんでん返しのミステリーだけど、『ハサミ男』や『鏡の中は日曜日』とはベクトルが違う。斜め上すぎるどんでん返しなのだ。怒って壁に叩きつける人と、「凄く面白いものを読んだ」と肯定的に捉える人に大きく分かれそうなミステリーだ。一言で言うと賛否両論の問題作。この本を壁に叩きつけるかどうかは貴方次第

 

この『黒い仏』は殊能将之の石動シリーズの中の一つで、主人公は探偵の石動戯作(石動はいするぎと読む)と助手のアントニオ。『黒い仏』ではアントニオの衝撃としか言いようのない過去が明かされる。『黒い仏』はミステリー作家・クロフツのもじりなのかなと思ってみたり(黒仏=クロフツ!?)。ストーリーは円載の秘宝を巡る謎と、現代で起こる不可解な殺人事件が同時進行で進行していくというものだ。徐々に繋がりが見えてくるのだが、中盤辺りから雲行きが怪しくなってくる...そして衝撃の真相が明かされる。『黒い仏』の最後の一行は色々な意味で衝撃の一行だった。思わず笑ってしまった。途中の日本シリーズネタも、自分自身が野球に詳しくないこともあって面白く読めた。個人的には凄く衝撃的な小説を読めたから満足している。

 

ここから下はネタバレ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本格ミステリの皮を被ったオカルトミステリー

 

論理的な石動の推理は明かされるのだが、実際は犯人は東京から空を飛んで九州に行き、超常現象的な手法で殺人を行っていたのである。もはやミステリというよりかは、オカルト。 助手のアントニオには並外れた(法力もしくは力(リー)と呼ばれている)があり、中国の情報部に追われている身であるという設定だ。『鏡の中は日曜日』を先に読んだけれど、アントニオにそんな片鱗は全く見えなかったぞ!事件解決後は闇の戦いが行われるような感じで終わりとなっている。

 

 

黒い仏と後期クイーン的問題

 

 最初に読んで思ったのは、この『黒い仏』は後期クイーン的問題にたいする皮肉というか、パロディ的な解答であるように思えた。後期クイーン的問題とは、ミステリー作家法月倫太郎が指摘した、本格ミステリにみられる問題である。Wikipediaから引用すると、その問題とは

1.作中で探偵が最終的に提示した解決が、本当に真の解決かどうか作中では証明できない

 

2.作中で探偵が神であるかの様に振るまい、登場人物の運命を決定することについての是非

 

 である。この『黒い仏』では、1の問題が扱われているように思える。さらに、1についての解説をWikipediaから引用すると

つまり“推理小説の中”という閉じられた世界の内側では、どんなに緻密に論理を組み立てたとしても、探偵が唯一の真相を確定することはできない。なぜなら、探偵に与えられた手がかりが完全に揃ったものである、あるいはその中に偽の手がかりが混ざっていないという保証ができない、つまり、「探偵の知らない情報が存在する(かもしれない)ことを探偵は察知できない」からである。

作中の探偵石動はまさにこのような状況に陥っているのではないだろうか。石動は劇中で明らかになっている情報から推理を披露した。犯人側から見ると、殺人は超常現象的な手法で行われているので間違っていることは明らかだ。しかし、犯人たちが超常現象的な存在であることを知らない石動や私たち一般人に取っては、論理だった推理になっている。知らない情報がある限り、どんなに論理的に考えても、唯一の結末にたどり着くことはできないのだ。この『黒い仏』の面白いところは、この超常現象的な真実は超能力者以外には明かされず、逆に石動の推理と辻褄が合うように、タイムトラベルして過去の事実を書き換えるというところだ。もう斜め上過ぎて笑ってしまった。

 

 

黒い仏 探偵石動シリーズ (講談社文庫)