読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の栞

本、映画、ファッションについて気ままに更新

時の洗礼を受けていないものを読むな/『読書について』

 核心をついている読書論

読書とは他人に考えてもらうことで、読書をしすぎると自分で考えなくなっていく。一見するとそんなことはないだろうと思えるが、実は読書の核心を突いている。この『読書について』は多読を推奨するのではなく、思考停止になっていると批判している。他にも古典作品を推奨したりと、現代の感覚からするとズレているように思える。しかし、自ら考えることもせず、他人の思想をただなぞるだけの読書に何の意味があるだろう。本書で書かれているように、自分で考え抜いた知識にこそ意味があるのだと思う。現代の読書術というのは、いかに短時間で多くの本を読んで情報を得るかに重点が置かれているものが多い気がする。「読書について」のように、しっかり思索することに重点を置いた本は少ないように思える。

 

時の洗礼を受けてないものは読むな

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

 

『読書について』を読んでいると、村上春樹の「ノルウェイの森」の中で永沢さんが「俺は時の洗礼を受けてないものを読んで貴重な時間を無駄に費やしたくないんだ。人生は短い」と言っていたのを思い出す。大きな書店で働いていたことがあるのだが、時の洗礼に耐えうる本って本当に少ないんだなと実感した。ほんの数年前の本でも絶版になっていることもあるし、数十年前の本なら大半が絶版になっている。一方で、出版不況と言われる今でも数多くの本が出版されている。ビジネス書や自己啓発本を立ち読みしてみると、スカスカであまり大したことを書いていない本も多い。インターネットやSNSの発展により、誰もが気軽に発言できるようになり、私たちは情報の洪水に飲み込まれるようになった。この状況では、効率よく情報を処理することが求められてくる。しかし、その中で時の洗礼に耐えうる本はほんのわずかじゃないだろうか。確かに、氾濫する悪書よりも時の洗礼に耐えた良書を読むほうが有意義なんじゃないかなと思えてくる。

 

 

古典の意義

城 (新潮文庫)

城 (新潮文庫)

 

 

 

訴訟 (光文社古典新訳文庫)

訴訟 (光文社古典新訳文庫)

 

 古典になる本というのは数少ないと思う。ベストセラーとなった本でも、経年劣化してその輝きを失ってしまうということがよくある。普遍的な真理や感情を描いた本、類稀なる想像力で作られた本などは古典になるんじゃないかなと思う。古典の素晴らしさを考えると、フランツ・カフカの作品が思い浮かぶ。中々城に辿り着けない『城』、よく分からないまま逮捕されてしまう『訴訟』など、システムに翻弄される現代人に当てはまりような内容である。カフカの作品は時を経るごとに色褪せていくのではなく、寧ろ時が経つにつれて新たな解釈が生まれてますます輝きを増しているように思える。カフカの作品を読むと、優れた想像力は経年劣化に耐えうることを実感させられる。

 

多読を奨励しない、古典を奨励しているというのは現代に逆行しているように思う。しかし、情報を処理するので精一杯で、思考停止に陥っていないだろうか?自分で考え抜いた知識にこそ意味があると説くショウペンハウエルの「読書について」は、現代人に警鐘を促す良書だと思う。この本の素晴らしさは、この本が時の洗礼に耐えたという事実が証明している。

 

 

読書について 他二篇 (岩波文庫)

読書について 他二篇 (岩波文庫)

 
読書について (光文社古典新訳文庫)

読書について (光文社古典新訳文庫)

 

 

雨男・雨女についてのあれこれ

雑記

僕は雨男です。雨宿りしたら雨が止むのですが、外にでるとまた雨が降ってくる。家から出たタイミングで雨が降り出すのはしょっちゅうあります。イベント事の幹事をすると天気が悪くなり、挙げ句の果てに家から出すなと言われる始末。駅について外にでると雪が降ってきたことも。雨だけじゃなく雪にも対応してるのか。雨男という自覚はあるのですが、傘を持つのが嫌いで折り畳み傘を携帯してないのでよく雨に濡れます。

 

そんなこんなで、雨男なので時たま雨男・雨女についてよく考えます。「雨男・雨女って科学的に根拠があるのか⁉︎」統計とかとったら面白い結果が出るんじゃないかなと思ってます。僕は雨を引き寄せる雨男・雨女というのは、記憶の改竄によって生まれるものだと思ってます。個人的な印象ですが、雨男・雨女と言われる人はネガティブな人が多いなと。ネガティブな人は、ついてないことがあるとそのことが強く印象に残って、運が良かったことを忘れてしまい、あたかも悪いことしか起こっていないと思ってしまうのではないでしょうか。僕も、雨に降られなかったときもあるのですが、雨が降ってきたときの方がよく覚えていて、あたかもいつも雨しか降っていないと感じてしまいがちです。雨男・雨女とは運良く雨が降らなかった時もあるが、結局雨が降った時のことしか覚えていないみたいなことではないでしょうか。被害妄想みたいな感じですね(笑)

 

昔友人に「雨男だったら、雨乞いせずに雨を降らせれるから、昔だったら絶対奉られてたな。卑弥呼みたいになれたわ」と言ったら、「雨を降らせるだけで、止ませることができなかったら意味なくね。コントロールできるからいいんやろ。降らせるだけなら、逆に疎ましがられるやろ」と言われました。確かに。

 

そういえば、雨男・雨女をモチーフにした小説、映画ってあんまりないな。僕が知ってるのは伊坂幸太郎の『死神の精度』ぐらいです。でもあれは死神だったな…やっぱり雨男にいいイメージがない。

 

以上、雨男・雨女についてのあれこれでした。

 

死神の精度 (文春文庫)

死神の精度 (文春文庫)

 

 

苦すぎる初恋の思い出/『はつ恋』 ツルゲーネフ

ロシア文学

 誰もが経験した初恋を描いた小説。しかし、かなり心にくる。恋の高揚感が伝わってきて甘酸っぱい気持ちを味わえたけど、後半になると心をえぐる展開に。この恋の痛みはなかなか癒えないだろうな。初恋を描いた古典的名作であった。

はつ恋 (新潮文庫)

はつ恋 (新潮文庫)

 

 

今年を少し振り返ってみる

雑記

もう暦の上ではディセンバーです。気持ちの上ではノーベンバーなのですが。今年も早いものです...今年の3月にブログを始めてみましたが、結局三日坊主に終わってしまいました(て言うか3日も続いていない!)。一年間の記事数、驚くことなかれ、なんと10!こんなの3日もあれば書ける!自分の継続のなさに呆れます...来年は毎日、いや毎週更新できるようにしたいところ。

 

今年を振り返ると色んなことがありました。大学4回生になり、本格的に研究室に配属されて、実験の日々。本を読む時間が...また、映画にハマった一年でもありました。特にタランティーノとクリストファーノーランは殆ど全部見ました。パルプフィクションとレザボアドッグスは何度も見ました。クリストファーノーランはインセプションダークナイトがすごく良かったです。ダークナイトは重厚な文学作品を読んだあとのような衝撃を受けました。悪と善がめまぐるしく変わり、正義とは何かと考えさせられます。あと、エターナルサンシャインにもはまりますました。個人的にエターナルサンシャインはものすごく悲しい話だと思ってます。

 

今年の映画といえば、『君の名は。』!もう3回も見てしまいました(笑)。『秒速5センチメートル』から新海誠監督が好きなのですが、『君の名は。』は新海誠特有の心締め付けられるエンドじゃないことに驚きました。絶対最後すれ違うやろって思ってました。今までの散文的な映画から、コミカルでストーリー性に重きが置かれている映画にシフトチェンジしたんだなと。監督もインタビューで、大衆向けのエンタメを作ったと言っていました。『君の名は。』すごく良かったです。また『秒速5センチメートル』みたいな作品もみたいと思っていますが。『君の名は。』の考察や感想についてブログに書きたいなと思ってはいるものの、まだ書けていません(笑)。今年中には書きたいな。

 

今年発売された本の中では『コンビニ人間』が1番良かったかなと思っています。今年発売された本をあまり読めていませんが(笑)。単行本は大学生のサイフには厳しいよ。コンビニ人間は現代版カミュの『異邦人』と言える作品で、すごく良かったです。他の村田沙耶香さんの本も読んでみたくなりました。

 

高校の校訓みたいなのに「継続は力なり」というものがありました。まさにその通りだなと。身の回りで結果を残している人はみんな努力を継続している人ばかりです。自分はというとブログすら続かないという体たらく。これからはちゃんと継続できる自分になりたいなと最近強く思います。今回はそのための戒めのブログにしたいと思います(笑)。

村上春樹の個人的おすすめランキング(長編小説)

村上春樹 小説 文学

2017年の2月に村上春樹が新刊長編小説を出すようです。また世間が村上春樹フィーバーになりそうですね。僕は村上春樹が好きで、殆どの作品を読んできました。そこで村上春樹の長編小説ランキングをつけてみようと思います。かなり好みが偏っていますが...

 

第13位 国境の南、太陽の西

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

国境の南、太陽の西 (講談社文庫)

 

 

不倫を描いた大人の恋愛小説。『ねじまき鳥クロニクル』から派生的に生まれた作品らしい。そう言われてみれば、思い当たる点がいくつかある。うーん、この小説は特筆する点が見当たらない…村上春樹が好きなら読んでもいいと思うけど、そうでもない人には薦めずらい。この本読むなら他の作家の本読む方がいいかな…あまり心に残るものがなかった…

 

第12位 アフターダーク

アフターダーク (講談社文庫)

アフターダーク (講談社文庫)

 

 

村上春樹作品の中でも実験小説感が強い一冊。『アフターダーク』は小説の人称という点で実験的です。村上春樹でお馴染みの『僕』という一人称が使われておらず、『私たち』という俯瞰的な一人称複数形で語られていきます。この小説が描かれた後に三人称を用いた『海辺のカフカ』が書かれています。視点が切り替わり、深夜から夜明けまでが描かれます。小説の中の時間と同じように深夜に読むと世界観に浸れます。ゴダールの『アルファヴィル』が出てくるあたりもポイントが高い!

 

第11位 色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 (文春文庫)
 

 

発売前から話題になっていた村上春樹の最新長編。タイトルが大変長いことでも話題になりました。大学生の時に仲が良かったグループから追放されて、心に深い傷を負った多崎つくる。時が経ち、多崎つくるは自分が絶縁された理由を探るため、大学時代の友人を巡り自分の過去・トラウマに向きあっていきます。グループの中で多崎つくるだけが名前に色を示す漢字が入っていないことから、色彩を持たない多崎つくるとなっています。色彩を持たないというのは、ポール・オースターの『幽霊たち』へなオマージュでしょう。『幽霊たち』では登場人物の名前が色になってます。過去のトラウマと向きあうというモチーフは村上春樹の短編『七番目の男』と共通しています。

 

 

第10位 風の歌を聴け

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 

 

村上春樹のデビュー作。群像新人文学賞受賞作。村上春樹はデビュー作から、あの独特な文体を完成させてたんだなと。『僕』と『鼠』が出てくる青春三部作の一作目です。そんなに長い小説ではないので読みやすいです。すごく洒落た小説です。

 

第9位 1973年のピンボール

 青春三部作の2作目。「スペースシップ」というピンボールを探し求めるという話。双子の女の子という魅力的なキャラクターが登場します。ピンボールや配電盤など、廃れゆくものへの暖かい眼差しが印象的です。短いのでサクッと読めます。

 

第8位 海辺のカフカ

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

 

 

15歳の『僕』とナカタさんを主人公とする、エディプス王の悲劇を下敷きにした物語。『ねじまき鳥クロニクル』に引き続き暴力というテーマが扱われています。『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』と同様にパラレルにストーリーが展開していきます。個人的には最近の作品より『ねじまき鳥クロニクル』までの作品の方が好みだな。クライマックスの場面は村上春樹でしか味わえないような深い余韻を与えてくれるのでかなり好きです。15歳とは思えないほど主人公がタフすぎて、私も見習いたい。村上春樹の代表作の一つですが、個人的には最近のものより、昔のものの方が好きなので順位は低めです。

 

 

第7位 羊をめぐる冒険

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

 

 

 青春三部作の第三作目。村上春樹の小説ではお馴染みの羊男が登場する。暗めの雰囲気で、読み終わったあとの喪失感がかなり大きい。ストーリーもとても面白く、羊の謎に引き込まれてぐいぐい読めます。耳の描写が多く、読んだあとには何故か耳フェチになっていました。これぞ物語に酔いしれるといった感じです。ここらへんから、お気に入りの作品なので、順位をつけるのが難しくなってきます。ファクトタムというブランドが『羊をめぐる冒険』をモチーフとした服を発表しています。

 

第6位 1Q84

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)

 

 

社会現象にもなったのが記憶にも新しい『1Q84』。謎の宗教団体、空気さなぎという不思議な小説、リトルピープル、ミステリアスな少女ふかえり、とワクワクする要素しかありません。ヤナーチェクシンフォニエッタが壮大な物語の始まりを告げ、心踊る展開。面白くない訳がない!壮大な物語がどのように収束するのか気になってページをめくる手が止まりません。しかし、宗教団体などの社会的な問題(大きな物語)が個人の恋愛(小さな物語)に収束していくのは評価の分かれるところ。これはこれで好きですけどね。ねじまき鳥クロニクルと比べると、やっぱりねじまき鳥クロニクルの方が好みだな。

 

 

第5位 スプートニクの恋人

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

スプートニクの恋人 (講談社文庫)

 

 

 なんでこの作品がこんなに評価が高いの?と思う人は多いはず。『スプートニクので恋人』は一般的に評価が高いほうではないはずです。まさにこの『スプートニクの恋人』の順位が高いのが個人的なところですね。他にも初期作品の方が評価が高いとかありますが。『スプートニクの恋人』は文体がとても実験的で、比喩が多い村上春樹作品の中でも過剰に比喩が使われています。『ノルウェイの森』に雰囲気が近いので、『ノルウェイの森』が好きな人ならはまると思います。すみれとミュウと僕のどこにも行くことが出来ない恋をリリカルな文体で描いています。なんというか、このリリカルな文体がとても心に染みます。ちょうど恋愛で悩み、閉塞感を感じていた時にこの本と出会い、心を支えてくれました。定期的に読み返したくなります。心にしみる文章が多いのは『スプートニクの恋人』と『ノルウェイの森』ですね。

 

 

 

 第3位 ダンス・ダンス・ダンス

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

ダンス・ダンス・ダンス(上) (講談社文庫)

 

 『羊をめぐる冒険』の続編です。喪失感に満ちた『羊をめぐる冒険』と比べると救いのある話になっています。羊男もでてきますよ。なかなか雰囲気がおしゃれになっています。マイナーな部類に入りますが、かなり好きで何度も読み返したくなります。

 

第3位 世界の終りとハードボイルドワンダーランド

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

 

 こちらも3位!初めて村上春樹を読む人に薦めたい小説。村上春樹独特のクセが少なく、村上春樹が苦手な人でもすんなりと読めると思います。「世界の終り」と「ハードボイルド・ワンダーランド」がパラレルに進行していき、ページをめくる手が止まりません。読書でしか味わえない世界が楽しめる静謐な大人のファンタジーです。

 

第2位 ノルウェイの森

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

 

 村上春樹と言えばこの本を思い浮かべる人も多いはず。赤と緑のおしゃれなカバーが印象的なノルウェイの森です。話の内容、性描写の多さ故にかなり好き嫌いが分かれると思います。高校の時に読んだのですが、その時はさっぱり意味が分かりませんでした。しかし、大学生になって読み返してみると、不思議と心にしみるのです。心が渇いている時に読むと、パズルのようにすっぽりとはまります。無性に読み返したくなる時があるんですよね。

 

第1位 ねじまき鳥クロニクル

 

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

 

 

 

第1位は『ねじまき鳥クロニクル』です。妻の失踪から始まり、暴力、大きな物語と広がっていくのは圧巻。ストーリー展開も秀逸で、文章も素晴らしい。特に皮剥の描写は秀逸すぎて、トラウマものです。話の構成的に『1Q84』と対になるような作品です。

深い関係性を求めて/『カンガルー日和』 村上春樹

小説 文学 村上春樹

 初めて読んだ村上春樹の小説は、高校の教科書に載っていた「カンガルー日和」だ。カンガルーの赤ちゃんを見に行くという、男女の何気ない1日を描いた小説だ。高校生の僕にとって、この小説はよくわからないふわふわした小説として映った。しかし、何度も読んでいるうちに村上春樹の文体の虜になり、村上春樹作品を読むきっかけとなった。なので、この「カンガルー日和」は思入れのある小説になっている。

 

カンガルーを見るのにうってつけの日から、カンガルー日和というタイトルになっている。この小説の英訳のタイトルが、A Perfect Day for Kangaroosとなっていて、サリンジャーの「バナナフィッシュにうってつけの日(A Perfect Day for Bananafish)」に因んでいる。

 

青山通りのスーパー・マーケットで昼下がりの買物を済ませ、コーヒー・ショップでちょっと一服しているといった感じだ。」といった洒落た比喩、村上春樹特有の諦念が滲み出ている文体に衝撃を受けた。その当時の自分にとって小説の文体と言えば、芥川龍之介夏目漱石のような古めかしいものというイメージがあった。こんな小説もあるのか!

 

折にふれてカンガルー日和を読み返すけど、明確なテーマというものが掴めない。けれど、こんな感じの話じゃないかなという漠然とした考えがいつも浮かぶ。カンガルー日和は男女の関係性を描いているのじゃないかと。

 

この小説に出てくる男女の関係性を考えてみる。カンガルー日和を読んでみた印象から、この男女は付き合っているが結婚はしていないという風に感じた。2人のあいだに距離感というか、すれ違いがあるように感じるのだ。カンガルーの赤ちゃんに固執する女とそれを理解できない男。男と女は分かりあえないという諦念を感じた。

 

カンガルーの赤ちゃんは女の妊娠願望のメタファーではないかと、高校生の時の同級生は授業中に言っていた。でも僕にはそう解釈できなかった。妊娠願望というよりかは、強い関係性の希求-守る守られる関係性のカンガルー-を表しているのじゃないか。結婚するかしないか瀬戸際の男女の話しに思えた。カンガルーの赤ちゃん(結婚)にこだわる女と、それがよく理解できない男。結婚を巡る水面下のやり取りが描かれているように思えた。彼女がゼクシィで彼氏にプレッシャーをかける的なやつだ。こじつけすぎかもしれないが。いつかこの小説を理解できる日が来るのかな。

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

 

 

初めて読む人におすすめの村上春樹作品

村上春樹 小説 文学

今や日本を代表する作家・村上春樹。僕は高校生の頃に村上春樹にはまり、大学生になって長編小説を全て読み切っていました。洒脱な比喩と、心の湿っぽい部分に響くストーリーに心を掴まれ、村上春樹しか読んでない時期もありました。僕は村上春樹の文体がとても好きで、初めて読んだときは、こんなに心地よい文章があるんだと思ったものです。村上春樹あるあるなんですが、村上春樹作品を読んだあとは、何故か頭の中の文体が村上春樹ぽくなってしまうという。考えるときの文体が村上春樹ぽくなってしまうのです。やれやれ。

 
そんな個人的な思い入れが大きい村上春樹ですが、今回は村上春樹をはじめて読む人におすすめの小説を紹介したいと思います。

 

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 上巻 (新潮文庫 む 5-4)

 

 

1番にオススメしたいのが『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』。谷崎潤一郎賞を受賞した長編小説です。村上春樹の代表作として名高い作品です。「世界の終り」と「ハードボイルドワンダーランド」の章が交互に続くパラレルな構造。こういう手法の先駆けと言える作品です。この作品の影響はかなり大きいらしいです。「ノルウェイの森」のようにクセがないので、村上春樹の中でも万人受けする小説だと思います。村上春樹ワールドが楽しめる大人のファンタジーとなっています!静謐かつ衝撃的なラストシーンは必見です!

 

パン屋再襲撃 (文春文庫)

パン屋再襲撃 (文春文庫)

 

 

 

パン屋を襲う

パン屋を襲う

 

 

短篇では「パン屋再襲撃」がオススメです!パン屋を襲おうとするのですが、結局はマクドナルドになってしまうというシュールな話です。この短篇の魅力は、村上春樹作品特有のシュールなストーリー、秀逸な比喩を楽しめるところにあります。特にこの短篇での空腹の比喩は本当に巧みです!またこの作品はイラストレーターとコラボして、大人向けの絵本となっているのでそちらも是非!

 

カンガルー日和 (講談社文庫)

カンガルー日和 (講談社文庫)

 

 

マイナーな作品ですが、「図書館奇譚」という中篇もオススメです。村上作品ではお馴染みの「羊男」というキャラクターが出てきます。また異世界に迷い込む「不思議な国のアリス」のような話なので、ファンタジーとして楽しめます!「カンガルー日和」という短篇集に収録されているので是非!

 

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

 

 

村上春樹にはまり、これからしっかりと読んでいくぞという方には、デビュー作の「風の歌を聴け」から「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険」と連なる3部作をオススメします!
 
ここまで初心者にオススメの小説を紹介してきましたが、逆に初心者にオススメしないのは『1Q84』です。『1Q84』はかなり有名ですが、読む前に幾つか村上作品を読んでおいたほうが楽しめると思います。とくに『ねじまき鳥クロニクル』を読んでからのほうがいいと思います。
 
多くの人に村上春樹を読んでもらえたらなと思います。ぜひ村上ワールドを楽しんで下さい!